岐阜の桜めぐり

昨年の京都の桜は見事でした。
今年も見てみたいと計画しましたが、想定外の早咲きのために
急遽宿泊先を京都から下呂に変更し、下呂高山の桜めぐりに行ってきました。

郡上八幡から「せせらぎ街道」を北上し、先ずは明宝ハムで有名な
1、「名宝の善兵衛桜」です。
  これは偶然知った桜なんですが、屋号が「善兵衛」の鈴木家が、墓の目印に植えた桜のようです。
  たまたま知り合った地元の方からの情報です。

次は下呂市萩原町四美の枝垂れ桜です。
21、森山神社の枝垂れ桜・・・予想を超える大きな枝垂れ桜。
  息を飲むとはこう云うこと、感動で写真の構図が・・・。
  初めての体験でした。
・五平餅を購入し、道順と駐車に関する情報を収集。
 このあたりから雨が降ってきました。
3、次の目的地は超有名な「岩太郎枝垂れ桜」です。
  のり面の上部から、道路の上においかぶさる様な写真は有名ですが、
  カメラマンも居なく、ただ一人で自由に撮影ができ満足度MAXでした。
・雨の上に寒さも半端ではなくなった・・・。
4、次は「永養寺の枝垂れ桜」です。
  萩原町では最も古い桜で樹齢350年だそうです。
・寒さもピーク、あと5カ所の桜を諦め、下呂の宿泊先、ダイアモンドソサエティーに・・・。
・翌日は朝の深い靄で好天を確信しましたが、ホテルからの眺望が印象に残りました。
5、いよいよ「高山市」です。
  日本人は私たちだけ?
  海外からのお客さんです。
  本当に、日本は何処も海外からの観光客でいっぱいですね。
・春の高山祭りが今週の土日、屋台会館や日光会館にも寄ってきました。♪
写真は分けて入れ買ったのですが、上手く入れなれなかったのでまとめてしまいました。(ペコリ)

2018年 4月 11日掲載
Home » つぶやき日記 » 岐阜の桜めぐり (現在のページ)