2019・6・3  認知症の天使


認知症の天使

帰り道を忘れ
娘の名前も忘れ
今の事さえ忘れる
言い訳も飾る言葉も無く
魂だけで生きる人

何処へ連れて行かれようが
何をされようが分からず
不安な目をする
それでも全てを委ね
ありがとうを繰り返す
  
総て忘却の中で
父は優しく清らかな
天使となった
我が魂が老いた時
父の様に穏やかであろうか



2019年 6月 03日掲載
Home » みどりうさぎの子守詩 (片井 絽々) » 2019・6・3  認知症の天使 (現在のページ)