つぶやき日記

”雨あがりの朝”
写真撮影では、光の効果が欠かせないものですが、
雨上がりの朝などは、楽しい写真が期待できるので散歩に出かけるのが待ちきれません。

以下の写真は、雨上がりの12日の朝撮影したものです。
一枚目は、葉っぱに水滴が残ったもの。
二枚目は、木の枝に残った水滴に朝の光が射したもの。
三枚目は、雨上がりは樹木の幹が黒く見えて、紅葉などを引き立てる効果等があります。


いずれにしましても、四季・天候・時間帯等、いろいろな条件で同じものでも違った光景が見えるんですね。
写真を見られる場合、こうした撮影者の意図を視るのも面白いと思います。

記   IKE Nov/15/’11

2011年 11月 15日 掲載

”南極大陸”
昨夜も、木村拓哉さんが熱演しているドラマがあり、久しぶりに見入ってしまいました。
未知への探求、不可能を可能にする為の勇気ある挑戦でした。

敗戦後の日本から立ち上がり、世界に認めてもらう努力があらゆる分野で繰り広げられましたが、南極大陸への挑戦もその一つだった様ですね。

ところで、私は南極大陸の日本人の活躍の中で、第一次越冬隊の隊長だった”西堀栄三郎さん”のもう一つ凄い面を是非、ご紹介したいと思います。

と言いますのは、西堀さんは統計学者であり、アメリカのデミング博士が開発した品質管理学の日本第一人者の方で,
品質管理学を、特に製造業を主体の展開され、製造品質を世界一にした方だとも思っています。

私もトヨタ系企業に入社した事を機会に、20歳ころから徹底的に学ばされ、実践で仕込まれました。
又、幸いな事に直接基調講演を拝聴させて頂き、その際の興奮は今でも忘れることができません。
今でも、私としては日本品質管理学の神様的存在の方だと信じております。

一人の力が何故この様に大きな力と成り得るのか、その人としての大きさ。
又、人としての生き方、等をつくづく感じさせられた昨夜でした。

記    IKE Nov/14/’11

2011年 11月 14日 掲載

私が観た”アメリカでのクルージング船”

昨日、名古屋港で見た外洋クルージング船の影響で、
マイアミ・キーウエスト(米国)で見たクルージング船を思い出し、
アルバムから以下の写真と絵ハガキを出してみましたので、ついでにご紹介します。


最初の2枚がキーウエストの水中翼船観光の際、私が撮影したもの、最後の一枚が絵ハガキです。
アラスカの氷河を見るクルージングもありますが、温かいフロリダからのクルージングは有名でした。

いずれにしましてもクルージングは”高見の華”。
夢だけはいくら見てもただらしいのでたまには見たいと思います。

記   IKE Nov/13/’11

2011年 11月 12日 掲載

”世界一周の船”
雨の今日、名古屋港に於いて、世界一周船の船内見学会と説明会がありました。
近所の親しいご夫妻に同行し、私達も夫婦で参加してきました。

90日の船旅、どの様な環境の中で過ごされるのか非常に興味がありました。
そう、もうひとつ費用の面も・・・。


5千人を超える方が詰めかけたそうで、船内は人人人・・・・・。
関心のある方が多いのに正直言ってビックリでした。

やはり、皆さんにとって夢なんですよね、船旅での世界一周は・・・。

私ですか?
年末ジャンボ、どこの店がいいのか調べることの方が最優先の様です。(爆)

記   IKE Nov/11/’11

2011年 11月 11日 掲載

”今朝の雲”

写真にはもう一つ重要な要素がありました。
通常は極力少なく控えている空も、雲が主役か又は写真効果を高める場合は別です。

今朝はそんな雲が見られました。
とっておきの写真は画像詩用としていますので、あえて判り易い写真を掲載させて頂きました。
昨夜の仕事明けとあって起床時間が遅く、絶好の撮影チャンスとはいきませんでした。


やはり、早朝の朝日の輝きが必要でした。

記 IKE Nov/10/’11  

2011年 11月 10日 掲載

”今朝の日の出”
昨日は偉そうなことを書いてしまい、反省しておりました。

雨上がりの今朝、絶好の朝の光を期待し、
昨夜の仕事明けにも関わらず、朝6時から”光を求めて”?散歩に出かけました。

雨上がりの今朝は雲の美しさも期待しましたが、期待に反して雲がありません。
風が強いうえに単に強い光だけの条件なので、
以下の3枚の写真で、今朝の陽の光をお伝えできれば・・・と思っております。


ホームページで毎日写真を掲載することは叶いませんが、
毎日この様に楽しく素敵な場所を探しては、写真を撮り続けています。

素敵な場所とは、昨年の四国での展示会の折、TV局のインタビュの中で、
「私の役目は、写真を通して如何に詩人ROROさんの詩心を揺さぶることが出来るのか?」
まさに、これが私の探す光に演出された素敵な場所です。

先も、今も、これからも、これはいつも肝に銘じながら・・・。

記    IKE Nov/07/’11

2011年 11月 07日 掲載

”光を求めて~”
朝の散歩で、カメラを提げている私。
探し求める眼の先は、陽の光により幻想的に見える場所が多い様に思えます。

陽が当たらない時は何でもない光景が、陽の光でビックリするほど素敵に見えるんです。

この光が一段と良い季節になってきました。
下の写真は、広い面への斜光、竹藪の中の木漏れ日による光。


光と言ってもタイプは色々あります。

これからが紅葉の季節、愛知の香嵐渓・京都・奈良、
撮影の旅が目白押しに待っています。

やはり、探し求めるのは素敵な陽の光に違いありません。
画像詩で、私が求める眼の先の、素敵は光の演出がお見せできれば幸いです。♪

IKE Nov/06/’11

2011年 11月 06日 掲載

喧嘩はやめて!!”
祭に喧嘩はつきものである?
新居浜っ子にとっては、秋祭りの太鼓台の喧嘩は一年中で最も興奮する時かもしれない。
高校卒業まで新居浜で育った私も、間違いなくそうであったように思えます。

しかし、故郷新居浜を離れて約半世紀、祭りの太鼓台は郷土の宝として誇らしく感じているんです。

昨年の新居浜祭りには、ROROさんからプレゼントして頂いた”一宮の杜ミュジアムの桟敷席で、
堂々と運行する太鼓台を目を潤ませながら見させて戴いてからは、尚更の如く誇らしく思えてきたんです。

150人にも及ぶ人達が呼吸を合わせ、2トンとも3トンとも云われる太鼓台を必死に担ぐ様は、本当に感動もんです。
地域離れが多い中、若者から年配のものまでが一緒になって担ぐ男祭り、全国広しと言えどもこの様な祭りはそんなに多くは無いと思うんです。
(下記写真は昨年”一宮の杜ミュージアムの太鼓台です)


郷里から遠く離れて見える郷土の良さや誇りです。

しかし、インターネットから見られる今年の祭り、やたら喧嘩が目立つのが残念でならない・・・・・。

記   IKE Nov/03/’11

2011年 11月 03日 掲載

”ご馳走くれなけりゃ いたずらするぞー!!”
昨日の31日はHalloween(ハローウイン)でした。
アメリカに住んでいた際、この日の夜ばかりは戦々恐々でした。

住宅名が”ストーンクレスト(石の頂き)”という住宅地の一番奥に位置した我が家は、
住宅地の中でも少し高い所に在りました。
普段は人影があまり無い静かな住宅地、しかしこの日はどこにこれだけ居たのか? 
と思うほど沢山な仮装した子供達です。

住宅内のアップダウンの路と相まって、
窓から眺める光景は少しオーバーに言うとウネリの様にだんだんと迫ってくるのです。

日常はめったに使わない玄関には、大きな入れ物にキャンディーを山盛りに、その数3つ、準備万端!!です。(笑)

外から大きな声で冒頭の言葉を叫んでいます、「Trick or treat! Trick or treat!」。(汗)
早く対応しないと生卵を家に投げつけられるので、キャンディーを抱え、玄関の扉を開け、さあ~ 戦闘開始!!

XXXXXZZZZZYYYYY・・・・・。(息つく暇もない・・・)

1時間もしない間に用意したキャンディーは殆ど無くなってしまいます。
無邪気に喜んで帰って行く子供たちの様子を見ては、全ての時計を一時間ずらしサマータイムの終了を迎えたものです。

年のせいか、やたらアメリカでの想い出を懐かしむ昨今です。

記   IKE Nov/01/’11

2011年 11月 01日 掲載

”(交通)渋滞”
四国から愛知まで、2日間で往復した今回の旅?
”往くは良い良い帰りは怖い”ではないですが、中国自動車道の宝塚・名神の草津・新名神の有名な四日市と3か所の渋滞。

草津付近は事故渋滞でやむを得ないと思えるが、宝塚付近と四日市は慢性と聞く。
あいにくの雨天も重なって、久々の長時間ドライブになってしまいました。

国土面積に余裕のない日本、仕方がないのかも知れない。
しかし合流地点でのスムーズな流れに関して手がないのだろうか?
高速料金を払う事が疑問に思える程、合流地点での横から入る車の走行阻害。

皆、怒ってる!!「何とかならないのか!」・・・と。

記   IKE Oct/31/’11

2011年 10月 31日 掲載

”完璧な準備”
四国中央市ユーホールにて詩集”みどりうさぎの子守詩”出版記念の画像詩展に行ってきました。

今回の展示会場を見させて頂いて、先ず事前に用意周到な準備をされたことが先ず驚きでした。

観る方のお気持ちを大事にされるROROさんの気持ちが素直に伝わりました。
お忙しい中、よくもこれだけのことを考えられ、それを実現されたことに感服いたしました。

それらの一つ一つは、作品をより品位あるものにして頂けたと感謝いたしております。
次の私が担当の展示会の為に、全てカメラに納めさせて頂きました。
しっかり、チャッカリ参考にさせて頂きますね。(笑)

四国へ行くと、いつも驚きの連続ですが今回は更に驚きが大きかったです。
一生懸命頑張ってくださってありがとうございました。

記   IKE Oct/31/’11

2011年 10月 31日 掲載

”伺えなくてごめんなさい”
四国中央市ユーホールの画像詩展示会、本来は昨日の26日にお伺いする予定でした。

あいにく新居浜の母が他界した為、やむなく訪問日を変更させて頂きました。
訪問日変更のお知らせが遅れたばかりに、私が不在にも関わらず昨日新居浜から友人が多数かけつけてくださいました。
本当に申し訳ありませんでした。

そればかりか、お忙しいROROさんが折角企画して下さった事も計画をほごにしたり、友人の対応をお願いしたりして・・・。
本当に申し訳ありませんでした。

昨夜友人にはお礼と謝りの電話をしました。
29日お伺いした際に、ROROさんとご主人にはしっかり謝りたいと思っています。

昨日、新居浜の兄からの電話で「新居浜から観にいった人は、会えなくて残念がっていたぞ!!」

「ハイ!! 本当に申し訳ありませんでした!!」(汗)
29日必ずお伺いしますので、宜しくお願いします。

記    IKE Oct/27/’11

2011年 10月 27日 掲載

”自由な時間”
勤務先での年に一度のイベント。
昨日無事終了し、解放された気持ちになり午後から奥方とドライブに・・・。

たまたま入った素敵なお店で、素敵な陶器を見つけました。
余りにも可愛いので、お店に許可を得てパチリ。
如何でしょうか?

この日の午前中、若い子ども会の役員さんと、お話の機会を持つことができました。
年度半ばではありますが、お手伝いの約束を・・・。

心がすがすがしい気分の時は、いつもは目に留まらないものも、
より素敵に見えるのでしょうか?

記   IKE Oct/24/’11

2011年 10月 24日 掲載

”優勝セール”

日本プロ野球、セントラルリーグに於いて我が地元の中日ドラゴンズが優勝しましたね。
首位ヤクルトとの10ゲーム差をひっくり返しての見事な優勝でした。

一方、今季限りで8年の監督を勇退?する落合監督を称賛する声が多い。

故郷新居浜(四坂島)に縁のある元巨人のピッチャー(後に巨人の監督)藤田元司さんの影響で、
この中京地方では隠れジャイアンツファンだった私。

特に落合さんの人柄に惚れて、今では殆どドラゴンズファンになってしまった・・・。

優勝に喜び、セールたけなわの今・・・だけど私は心が淋しい。

記    IKE Oct/21/’11

2011年 10月 21日 掲載

”感謝の気持ち”

今日から四国中央市、土居のユーホールにて、
”みどりうさぎの子守詩出版記念”の為の画像詩展が開催されました。

私もこの展示会の為に、作品作りに頑張らせては戴いたものの、
肝心な展示のお手伝いはROROさんとご主人、そしてお手伝いいただいた方々にお任せし、手伝いはできませんでした。

この数日間、夜遅くまで頑張って下さり、晴れて本日の開催にこぎつけて下さり、
本当にありがとうございました。
昨日遅く、展示が終了したとのご連絡とともに、写真で展示風景を知らせて下さいました。

見事なレイアウト、整った画像詩の展示の様子に心から”ありがとう”との感謝の気持ちをお伝えしました。

昨日は、私が所属している写真協会の展示準備。
今日からは、私の勤務先で今週末に行われる年に一度のイベントの準備。
準備がいかに大変かを、身をもって味わっています。

四国での展開準備、本当にお疲れ様でした。

記   IKE Oct/19/’11

2011年 10月 19日 掲載

”運動会”

アメリカには”運動会”は無く、適当な英語が有りませんでしたのでそれに当てはまる言葉が見当たらず、
Field day としました。

今日は内孫の幼稚園の”運動会”でした。
幼稚園の運動会は、息子達以来30数年ぶりのことです。

隣接する小学校の運動場を借用しての運動会、先ず父兄の多さに仰天でした。
一人の幼稚園生に対し、まともに来られるなら6人は間違いないと思うんですが、いや~びっくりしました。
それとビデオとカメラの数にも・・・。

先生方の段取りも見事、良く訓練されているな・・・と感心するばかりの動きでしたよ。

更にビックリしたのは、年長組が実演したマーチンバンド。
5歳・6歳の子が、ものの見事に演奏を又行進をする様子、本当に感動しました。
いや見事と云うしかありません。

来年は我が孫も奏でることになるのかと思うと、又楽しみが増えました。

記   IKE Oct/16/’11

2011年 10月 16日 掲載

”達成感”
四国中央市土居のユーホールで今月の19日から開催予定の作品制作がほぼ完了しました。

昨日ROROさんへ送る為の荷支度を終え、達成感を味わいながら過去から最新までの作品集を時間かけて見ていたんです。

よくもこんなにも沢山な作品が完成したもんだと灌漑深い気持ちになりました。

今後益々、素敵な詩が戴けるように写真撮影も工夫を凝らし、新たなチャレンジをしていきたいと考えています。

愛犬のLUCKY君が「早く行くよ!」と散歩の催促のため鳴いています。
カメラを提げて、今日も撮影に行ってきま~す。(笑)

記   IKE Oct/12/’11

2011年 10月 12日 掲載

”至福の時間”

先日の日曜日、久しぶりに岡崎の息子の家に行きました。

忙しい日曜日にも関わらず、3人の孫もちゃんと家に居てくれ早速孫たちの活動報告。
見事に高校生・中学生・小学生と別れたの3人の孫達、それぞれの活躍ぶりに目が細くなるばかりです。
特に長女は愛知県の水泳強化選手に登録されており、今後の活躍が楽しみです。
同居の内孫も可愛いし、たまに会う離れた孫に会うのも又楽しいものです。

食事やショッピングをして、楽しいひと時を過ごす事が出来ました。
病気や怪我が無い様にすくすく育ってほしいと願うばかりです。

私の母の葬儀に参列できなかった息子達と家族全員で四国に行く事の話が出てきました。
はたして、どうなる事やら・・・♪♪♪

記   IKE Oct/11/’11

2011年 10月 11日 掲載

”憧れの人”
先日の中日スポーツ新聞に、私が最もあこがれる映画俳優の高倉健さんの記事が大きく掲載されていました。

北野たけしさんとのコンビで映画に出演するとのことで、場所は岐阜の高山でした。

1977年の「八甲田山」から2005年の「単騎・千里を走る」までの17作品は、折に触れてダビングしたVHSで鑑賞しています。

・黄色いハンカチ
・冬の華
・遥かなる山の呼び声
・動乱
・駅(STATION)
・海峡
・南極物語
・居酒屋兆治
・夜叉
・鉄道員(ポッポヤ)
・ホタル・・・・・・・等々。

名作揃いで身震いがします。
北野たけしさんが「居るだけで絵になる人」「人間国宝」と言われた言葉、私もそう思う。

何故、そんなにも人を魅了するんでしょうか?
間違いなく、顔や目や表情、男としての生き方等いろいろあろますが、

撮影中の休憩時間でも、決して座ることをしないそうなんですね。
なぜなら、健さんいわく、「スタッフの皆さんが一生懸命働いているから・・・」だとか。

決して声高らかに自慢することなく、心優しく他人の事を思いやる生きかたが、
映画の主人公そのものなのかも知れませんね。
人間としての違いを感じられずにはいられません。(笑)

記   IKE Oct/07/’11

2011年 10月 07日 掲載

”雑念”
覚悟はしていたとは云え、母との永遠の別れ。
等々、このところ考え込む日が続きます。

名古屋へ一人で行ったり、モールに行ったり、盛んに気を紛らわしています。

昨日、ユーホールの展示作品が決まったとのROROさんからの知らせを受けました。
雑念を廃して、作品作りに専念したいと思います。

記    IKE Oct/04/’11

2011年 10月 04日 掲載